Menu 戻る
  • 観光

年末開業予定の台中メトロ緑線、「最も美しい駅」公開/台湾

2020/04/08 19:08
台中メトロ(MRT)グリーンラインの車内を視察する盧市長(左)

台中メトロ(MRT)グリーンラインの車内を視察する盧市長(左)

(台中中央社)年末の開業を目指して整備が進められている台中メトロ(MRT)グリーンラインの「文心森林公園駅」が7日、メディアに初公開された。視察した盧秀燕市長は、同駅は公園の中にあり、周辺の景色が全ての駅の中で最も美しいと紹介。乗客は樹海の上を走っている感覚が味わえると魅力をアピールした。

同市初の都市交通システムとなる同線。路線は全長16.71キロで、市内の北屯と台中高鉄駅間を無人自動運転で運行する。全18駅あり、各駅舎にはそれぞれ、周辺の特色を生かしたデザインが施された。車両は2両編成で、メインカラーにグリーンが用いられている。

盧氏はこの日、駅構内や車両などを見学。車内の座席がライトグリーン、優先席がピンクであることに触れ、安全で速いだけでなく、ロマンチックな気分にも浸れると称賛した。

(カク雪卿/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top