Menu 戻る
  • 観光

台湾ランタン、主会場の来場者100万人突破 日本の自治体や企業も出展

2020/02/12 13:53
巨大樹木をモチーフにした台湾ランタンフェスのメインランタン。芸術家のリン・シュンロン(林舜龍)さんが手掛けた=台中市政府提供

巨大樹木をモチーフにした台湾ランタンフェスのメインランタン。芸術家のリン・シュンロン(林舜龍)さんが手掛けた=台中市政府提供

(台中中央社)8日に開幕した「2020台湾ランタンフェスティバル」(台湾灯会)の主会場「后里森林園区」(台中市后里区)の来場者数が11日までに100万人を突破した。台中市政府が発表した。世界各地からの作品が集結する「国際友好エリア」には日本から複数の自治体や企業が出展し、特色あふれる作品で魅力をPRしている。

出展している日本の自治体は鳥取県、北海道札幌市、名古屋市、香川県、佐賀県、青森県平川市など。企業では近鉄グループや東武グループが参加している。

台中市と友好交流協定を締結している鳥取県は、同県出身の漫画家による作品「ゲゲゲの鬼太郎」(水木しげる)や「名探偵コナン」(青山剛昌)などを題材にしたランタンを出展。4年連続での参加となる東武グループのランタンには、東京スカイツリーや浅草など台湾人にも馴染みのある観光地があしらわれている。

23日まで。

(カク雪卿/編集:名切千絵、楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top