Menu 戻る
  • 観光

台北ランタン、開幕を前に試験点灯 可愛らしい猫の作品がお目見え/台湾

2020/02/07 17:14
「2020台北ランタンフェスティバル」西会場のメインランタン

「2020台北ランタンフェスティバル」西会場のメインランタン

(台北中央社)台北市内の東西2つのエリアで開かれる「2020台北ランタンフェスティバル」(台北灯節)が8日に開幕するのを前に、東西両会場で6日夜、メインランタンの試験点灯が行われた。西会場の西門町に設置されたメインランタンは寝そべっている巨大なネコとチーズを抱える小さなネズミがデザインされ、可愛らしい姿を見せている。

西会場は台北駅西側の北門や中華路一段一帯、東会場は台湾鉄路管理局(台鉄)や台湾高速鉄道(高鉄)が乗り入れる南港駅前の南興公園に設置された。

東会場のメインランタンは作品自体が大きなステージとなっており、街中でよく目にするネオンサインや看板が背景にあしらわれた。台湾文化を色濃く表現した作品に仕上がっている。

開催は両会場ともに8日から16日まで。期間中にはコンサートや劇の上演なども行われる。

主催する台北市政府観光伝播局の劉奕霆局長は、期間中は混雑が予想されるため、来場者にはマスク着用やこまめな手洗いなどを呼び掛けている。

(梁珮綺/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top