Menu 戻る
  • 観光

日本統治時代から残るアーチ橋、インスタ映えで人気/台湾

2020/01/26 18:54
1923年に建設された大平紅橋」

1923年に建設された大平紅橋」

(桃園中央社)北部・桃園市龍潭区にあるアーチ橋「大平紅橋」が近年、「インスタ映え」のスポットとして人気を集めている。

同市の資料によると、赤れんが造りの橋は、日本統治時代の1923年に大倉組によって建設された。2001年に当時の文化建設委員会(現文化部=文化省)がまとめた「台湾歴史建築百景」に選ばれたほか、2003年には桃園県(現桃園市)の歴史建築にも登録された。

龍潭の文化・歴史に詳しい徐栄俊さんが26日までに中央社の取材に応じ、記念撮影は橋の美しさを際立たせる早朝や夕方にするのが一番いいとアドバイス。また、半日をかけて地元のグルメや、「桜花隧道(トンネル)」など周辺のスポットでの散歩を楽しむのも悪くないと述べた。

(呉睿騏/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top