Menu 戻る
  • 観光

台湾、離島4空港をリニューアルへ 建築家の團紀彦氏に白羽の矢

2020/01/21 11:57
團紀彦氏=2011年、台湾中部・南投

團紀彦氏=2011年、台湾中部・南投

(台北中央社)交通部(交通省)民用航空局(民航局)は20日、台湾の離島にある4空港をリニューアルする計画を明らかにした。桃園国際空港の第1ターミナル改修を手掛けた日本の建築家、團紀彦氏に設計を依頼し、それぞれの地域の特色を生かした空の玄関口を造り上げるとしている。

林国顕局長が同局の設立記念イベントで明らかにした。リニューアルされるのは、台湾海峡に浮かぶ澎湖諸島の七美空港、望安空港と太平洋側の緑島空港と蘭嶼空港の4つ。

同局によれば、4空港それぞれが現地の新たなランドマークとなることを目指す方針で、建て替え、改築、改修のいずれもあり得るという。詳細は今後、團氏と協議して決定する。順調にいけば、来年には工事発注、着工となる見通し。

(汪淑芬/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top