Menu 戻る
  • 観光

台中開催の台湾ランタン、メイン作品は「巨木」モチーフ=デザイン披露

2020/01/13 17:22
デザインの理念について説明する芸術家のリン・シュンロンさん

デザインの理念について説明する芸術家のリン・シュンロンさん

(台北中央社)交通部(交通省)観光局は13日、中部・台中市で来月8日に正式開幕する「2020台湾ランタンフェスティバル」(台湾灯会)のメインランタンの模型を台北市内でお披露目した。巨大樹木をモチーフに、22本の主要骨組みで台湾22県市を表現。枝の周りには2359万人の台湾人民を表す2359枚の葉っぱを散りばめ、みながきらめき、台湾を守っているというイメージを伝えている。芸術家のリン・シュンロン(林舜龍)さんが手掛けた。

メインランタンのテーマは「森の生態系保護」。実物は高さ15メートル超の大きさになるという。

来場者に無料配布される組み立て式の紙製ミニランタンも合わせて公開された。今年の干支(えと)の「子(ね)」にちなみ、昔話の「ネズミの嫁入り」から着想を得てデザインしたという。1枚の紙の片面にネズミの新郎、もう一方に新婦を印刷し、それぞれの好みでどちらのデザインのランタンにするか選べる。

メインランタンは主会場の后里森林園区(台中市后里区)で展示される。主会場の開催期間は2月8日から同23日まで。文心森林公園(南屯区)のサブ会場は昨年12月21日から公開されている。

(汪淑芬/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top