Menu 戻る
  • 観光

台湾新幹線、下りの単日利用者数最多に 投票日に合わせ帰省客増

2020/01/11 19:39
帰省客で込む台湾高速鉄道の台北駅=1月10日撮影

帰省客で込む台湾高速鉄道の台北駅=1月10日撮影

(台北中央社)総統選前日の10日、台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の単日利用者数が南下(下り)路線で18万604人に達し、2007年の開業以来最多となった。全体でも29万8667人と、過去5番目の多さだった。林佳龍交通部長(交通相)が11日、自身のフェイスブックで伝えた。

林氏は、在来線・台湾鉄道についても、11日午前の南下路線の利用者数が平時の土曜日より1割増だったと報告。投票のために帰省する人や公共交通機関に勤務する人たちをねぎらった。

台湾には在外選挙制度や事前投票制度がなく、有権者は本籍地で投票する。

(余暁涵/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top