Menu 戻る
  • 観光

台湾観光局マスコット・オーション、熱気球に変身 佐賀バルーンフェス

2019/11/04 19:17
観光局のマスコット・オーション(左)=台東県政府提供

観光局のマスコット・オーション(左)=台東県政府提供

(台北中央社)佐賀市で10月31日から11月4日まで開かれた「2019佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」に、交通部(交通省)観光局のマスコット、オ―ション([口屋]熊、Oh!Bear)を模した変形気球が登場した。日本でお披露目されるのは初めて。同フェスに参加した台東県政府によると、オーションの気球はその可愛らしさで注目を集め、多くの人が記念撮影を楽しんでいたという。

台東では毎年夏に「台湾国際バルーンフェスタ」が開かれており、オーションの気球は来年10回目を迎える同フェスタのPRのためにお目見えした。

台東県が佐賀バルーンフェスタに参加するのは5度目。同県政府交通及観光発展処の江慧卿処長は同フェスタ開催に合わせて訪日し、佐賀市の伊東博己副市長や主催者らと面会した。イベント運営の経験を分かち合ったほか、佐賀市長や佐賀のバルーンチームを来年の台湾国際バルーンフェスタに招待したい考えを伝えた。

(編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top