Menu 戻る
  • 観光

台中メトロ緑線、試運転順調 来年開業に向け準備進む/台湾

2019/07/27 16:56
台中メトロ・グリーンラインの車両=台中市政府提供

台中メトロ・グリーンラインの車両=台中市政府提供

(台中 27日 中央社)台中市政府交通局は27日、整備が進む台中メトロ(MRT)グリーンラインについて、運行ダイヤ通りの試運転を7日連続で行い、成功したと発表した。2020年末までに開業することを目指しており、準備が着々と進んでいる。

同線は、全長16.71キロで、北屯-烏日間(いずれも台中市)の全18駅を結ぶ。全自動無人運転システムが採用されており、今月初めから、開業後と同じ午前6時から翌日午前0時までのダイヤで試運転を実施。5分以上の遅延が2件以上あってはならないなど厳しい条件が課されたという。

同線の車両全18編成のうち9編成は日本から輸入され、残り9編成は日本から技術移転を受けて組み立てられた台湾製。

(蘇木春/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top