Menu 戻る
  • 観光

台湾東部でM3超の地震相次ぐ 震度5が2回

2019/04/10 13:25
9日午後11時13分ごろに起きたM5の地震の推計震度分布図=中央気象局提供

9日午後11時13分ごろに起きたM5の地震の推計震度分布図=中央気象局提供

(台北 10日 中央社)9日午後11時過ぎから10日午前7時過ぎにかけ、台湾東部でマグニチュード(M)3を超える地震が4回発生した。中央気象局によれば、このうち9日午後11時13分に起こった花蓮県吉安郷を震源とする地震の規模がM5と最大。震源の深さは11.5キロで、同県花蓮市で震度5(台湾基準、以下同)、中部・南投県合歓山、台中市梨山で震度3を観測した。

10日午前4時24分には、同じ場所を震源とするM4.7の地震が発生。震源の深さは11.1キロ。各地の最大震度は花蓮県銅門の震度5、中部・南投県合歓山や台中市梨山の震度3など。

10日には、花蓮近海を震源とする地震が午前6時57分(M4.9、最大震度4)と同7時10分(M3.5、最大震度2)に連続して発生した。

(李先鳳/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top