Menu 戻る
  • 観光

前線が通過 あすは北東の季節風の影響で北部は涼しく/台湾

2019/03/14 12:29
玉山の積雪=中央気象局提供

玉山の積雪=中央気象局提供

(台北 14日 中央社)中央気象局によれば、14日は前線が通過するため、中部以北や北東部では雲が厚くなり、にわか雨がある。それ以外の地域でも雨が降る可能性があるという。

前線通過に伴い空気中の水分が増え、台湾最高峰・玉山では午前2時30分から同4時30分にかけて雪が降り、1センチの積雪が観測された。

日中の最高気温は、北部や東部・宜蘭、花蓮は24~25度、中部や南部、東部・台東では26~28度まで上がるが、夜から15日早朝にかけて北部は15~16度、それ以外の地域は17~19度となり、気温差が大きくなる。

15日以降は北東の季節風の影響で、北部一帯では涼しく感じられる。日中の最高気温は20度、最低気温は15~16度の予想。15~16日、北部や東部などでは雨が降るが、それ以外の地域では晴れる見込み。

(陳葦庭/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top