Menu 戻る
  • 観光

中華航空のパイロットがスト決行、22便運休 約4千人に影響

2019/02/08 10:45
会見で頭を下げるチャイナエアラインの謝世謙総経理(社長、右から2人目)ら

会見で頭を下げるチャイナエアラインの謝世謙総経理(社長、右から2人目)ら

(桃園空港 8日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)の一部パイロットが8日ストライキを起こしたのを受け、同社は同日午前、緊急の記者会見を開き、8日と9日の2日間に22便を運休し、約4000人の乗客に影響が出ると発表した。

8日は、台北松山空港と台中空港から出発の全便が通常通り運航するほか、桃園空港を出発するフライトの運航は午後4時までは9割が正常だという。

(邱俊欽/編集:羅友辰)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top