Menu 戻る
  • 観光

旧正月の大型連休初日、桃園空港の利用者が過去最多の15万人突破/台湾

2019/02/02 18:00
旧正月の大型連休で混雑する桃園空港

旧正月の大型連休で混雑する桃園空港

(桃園空港 2日 中央社)旧正月の9連休初日となる2日、台湾桃園国際空港の利用者数が、単日として過去最多の15万人を突破する見通しとなった。同空港によると、第2ターミナルの拡張工事が完了したことや、乗客が自分で手荷物を預け入れる設備の導入などで、混雑は比較的緩和されているという。

発着便の運航状況に応じて割り出される利用者数予想値によると、2日午後5時現在、入境者は7万1689人、出境者は7万3702人、乗り継ぎは6068人で、合計15万1459人となっている。

同空港は別途、中国で猛威を振るうアフリカ豚コレラの台湾への侵入防止のため、2日から、中国、香港、マカオ出発の便で到着した旅客は手荷物検査を受けなければ入境が許可されなくなるとして注意を呼び掛けている。感染が確認されていない地域からの旅客は、航空会社の職員が到着時に配布する識別カードを提示すれば検査は不要。

(魯鋼駿/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top