Menu 戻る
  • 観光

台湾新幹線、新たな回数券発売へ 乗車頻度が異なる利用者のニーズに対応

2019/01/28 19:18
台湾新幹線、新たな回数券発売へ  乗車頻度が異なる利用者のニーズに対応

(台北 28日 中央社)台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は、新たな自由席回数券を3月15日から販売する。10回分30日間有効と8回分60日間有効の2種類を提供し、乗車頻度が異なる乗客のニーズに応える。現行の有効期間45日の回数券は新回数券の発売に伴い販売停止となる。

30日間有効の回数券は1回当たり自由席普通運賃の18%引き、60日間有効は同8%引きで利用できる。30日間有効の場合は、割引率が現行の13%より高くなる。

回数券は記名制で、利用は本人に限られる。

(汪淑芬/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top