Menu 戻る
  • 観光

ぐずついた天気に一旦お別れ 4~5日は台湾全土で太陽のぞく=気象局予報

2019/01/03 12:21
3日は引き続き各地で湿気が多く肌寒い一日になる見込み。北部や東部は一時雨、その他の地域も所によって雨が降ると予想されている=資料写真

3日は引き続き各地で湿気が多く肌寒い一日になる見込み。北部や東部は一時雨、その他の地域も所によって雨が降ると予想されている=資料写真

(台北 3日 中央社)昨年末から1週間以上にわたり曇りや雨が続いている台湾北部。中央気象局によれば、北東の季節風が弱まる影響で、4日から5日日中にかけては台湾全土で穏やかな天気になり、各地で太陽が顔をのぞかせる見込み。気温も上昇し、最高気温は北部で26~27度、中部や南部で28~30度に達するという。

3日は引き続き各地で湿気が多く肌寒い一日になる見込み。北部や東部は一時雨、その他の地域も所によって雨が降ると予想されている。最高気温は北部では19~21度にとどまる。その他の地域の予想最高気温は中部22~23度、南部24~27度など。北部や東部は夜には雨脚が弱まるという。

5日夜には前線が近づく影響で、北部は再び雨になる見込み。

(陳葦庭/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top