Menu 戻る
  • 観光

海外からの訪台客、過去最多を更新 1100万人目は日本人/台湾

2018/12/30 19:03
訪台1100万人目となった日本人旅行客ら=周永暉観光局長のフェイスブックページより

訪台1100万人目となった日本人旅行客ら=周永暉観光局長のフェイスブックページより

(台北 30日 中央社)2018年の訪台旅行者数が30日、1100万人を突破し、過去最多となった。交通部(交通省)の王国材政務次長が同日明らかにした。1100万人目は奈良県在住の男性。同部は、来年の訪台旅行者数1200万人達成を目指すとしている。

王政務次長によれば、男性は関西国際空港発のチャイナエアライン(中華航空)CI159便に搭乗し、同日昼前に桃園国際空港に到着した。台湾を訪れるのはすでに5回目で、今回は家族と共に4日間滞在し、台北や中部の台中を訪れる予定だという。男性には同部観光局から国際便の航空券や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の3日間乗り放題フリーパス、ホテルの宿泊券などが贈られた。

訪台旅行者数は今月2日、4年連続で1000万人を突破し、年内の1100万人達成に期待が寄せられていた。

(陳葦庭/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top