Menu 戻る
  • 観光

訪台外国人1000万人突破 4年連続 昨年より10日早く/台湾

2018/12/03 15:25
海外からの訪台客ら=資料写真

海外からの訪台客ら=資料写真

(台北 3日 中央社)2018年に台湾を訪れた外国人旅行者数が2日夜に1000万人を突破した。交通部(交通省)観光局が同日、報道資料を通じて発表した。1000万人達成は4年連続で、昨年より10日早まった。

例年は1000万人達成セレモニーを行っていたが、今年は実施しなかった。1000万人目の訪台客の国籍などの情報も公表していない。交通部の王国材政務次長は3日、観光業界の景気低迷などの要素を考慮し、現時点でのセレモニー開催は不適切だと判断したと説明。今年の訪台客の1100万人突破に期待を寄せた。

観光局によれば、誘客に力を入れる東南アジアや南アジア計18カ国からの訪台客が現時点までで全体の4分の1近くを占めた。特にフィリピンとベトナムはそれぞれ前年同期比5割増、3割増の伸びを記録した。

直近4年での訪台客の上位5カ国・地域は順に中国大陸、日本、香港・マカオ、韓国、米国。この5つの市場で全体の約7割を占める。日本からの旅行客は年末までに200万人を突破する見込みだという。

(汪淑芬/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top