Menu 戻る
  • 観光

台中花博、来場者数100万人突破 開幕16日目で/台湾

2018/11/19 14:02
来場者数100万人突破の記念品を手に、記念撮影する来場者ら=台中市政府提供

来場者数100万人突破の記念品を手に、記念撮影する来場者ら=台中市政府提供

(台中 19日 中央社)中部・台中市内で開催中の台中フローラ博覧会(台中花博)の来場者数が18日、100万人を突破した。3日の開幕から16日目。100万人目となった北部・基隆市在住の女性には、花博のマスコットキャラクター「虎爸」のぬいぐるみが贈られた。

花博は后里馬場園区、后里森林園区、外埔園区、豊原葫蘆トン公園に分かれて開催されており、100万人目は外埔園区で出現した。その他の3つの会場でも同時間に入場ゲートを通過した来場者にそれぞれの会場の園長からめいぐるみがプレゼントされた。(トン=土へんに敦)

閉幕する来年4月24日までには800万人の来場が見込まれている。

(編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top