Menu 戻る
  • 観光

温泉郷「北投」の魅力伝える台北温泉祭り 日本の団体も参加/台湾

2018/11/03 17:10
みこしを担ぎ、台北温泉祭りのPRをする柯文哲市長(白いシャツの男性)

みこしを担ぎ、台北温泉祭りのPRをする柯文哲市長(白いシャツの男性)

(台北 3日 中央社)台北市内の温泉地、北投の文化と魅力を伝える「台北温泉祭り」が1日から、台北メトロ(MRT)新北投駅とその周辺で開催されている。2日に会場を訪れた柯文哲市長は、交通至便であるほか、10月末にリニューアルオープンした北投温泉博物館や日本統治時代に造られた台湾鉄道(台鉄)新北投駅舎など歴史を感じさせるスポットが多い同地は台湾の数ある温泉の中でも特別な存在だとアピールし、来訪を呼び掛けた。

祭りでは、地元の温泉業者や飲食店約60社に使えるクーポン券を販売するほか、戦国武将姿で出陣する「やまがた愛の武将隊」(山形県)や、畳で作った楽器で演奏するバンド「日本畳楽器製造」(京都府)など日本の団体も複数参加し、子どもみこしのパレードやステージパフォーマンスで雰囲気を盛り上げる。

開催は5日まで。

(編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top