Menu 戻る
  • 観光

台風26号、台湾に直接影響を与える可能性低い=気象局

2018/10/24 13:53
台風26号の予想進路図=中央気象局提供

台風26号の予想進路図=中央気象局提供

(台北 24日 中央社)強烈台風(台湾基準)台風26号は24日午前8時現在、台湾本島最南端の鵝鑾鼻(ガランピ)東南東約3050キロの海上にあって、時速21キロで北西に進んでいる。中央気象局によると、今後沖縄の南の海上で進路を北に変えると予想され、台湾に直接的な影響を及ぼす可能性は低いという。

台風の中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は51メートル、最大瞬間風速は63メートル。同局は、引き続き今後の状況を注視するとしている。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top