Menu 戻る
  • 観光

築101年の駅舎や遺構を残す台中駅、歴史伝える解説看板設置へ/台湾

2018/10/24 13:45
空から見る台中駅周辺の様子=台中市政府提供

空から見る台中駅周辺の様子=台中市政府提供

(台中 24日 中央社)台中市政府は23日、新旧三代の駅舎や遺構が共存する台中駅の特徴を紹介する解説看板を同駅に設置すると発表した。台湾鉄路管理局(台鉄)の后里-烏日区間(21.7キロ)の高架化が今月末に完了するのを記念するもので、設置は27日になる予定。同市政府文化局は、看板を通じて同市の鉄道史や文化の変遷、未来の青写真などを市民に感じ取ってもらいたいとしている。

同局によると、2016年に開業した現在の台中駅は三代目で、駅舎の横には日本統治時代の1917(大正6)年に開業し、国定古跡に登録されている二代目駅舎がある。また、その隣に位置する1905(明治38)年開業の一代目駅に付随する機関庫の遺構についても、現在地での保存が検討されており、非常に珍しい三代共存のケースになるという。

(カク雪卿/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE
Top