Menu 戻る
  • 観光

台風22号、台湾に影響する可能性は低い

2017/10/25 12:33
中央気象局提供

中央気象局提供

(台北 25日 中央社)中央気象局によると、24日午後2時に発生した軽度台風(台湾基準)台風22号は25日午前8時現在、フィリピンの東の海上を時速30キロで西に進んでいる。気象予報官の林柏東氏は、台風は今後沖縄付近の海域で北へと進路を変え、週末には日本列島に接近すると予想されるため、台湾に直接影響する可能性は低いとの見方を示している。

同氏によると、今後一週間、北東からの季節風の影響を受ける北・東部では気温が下がり、雨がちとなる見込み。西部では朝晩の気温が18~20度、日中には23~24度(中・南部では25~29度)になると予想される。

(陳葦庭/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE