Menu 戻る
  • 観光

台風18号、台湾直撃か 14日に全土が強風域になる恐れ

2017/09/11 12:35
中央気象局提供

中央気象局提供

(台北 11日 中央社)軽度台風(台湾基準)台風18 号は11日朝、フィリピンの東の海上を西北西に進んだ。中央気象局によると、台湾への影響が最も大きいのは13日午後から14日にかけて。東部・宜蘭、花蓮付近に上陸した後、台湾北部を横断し、14日には台湾全土が強風域になるとみられている。台湾接近時には中度台風以上に勢力を強め、強烈台風(中心付近の最大風速51メートル以上)になる恐れもある。気象局は、台風への備えを呼び掛けている。

台風18号は11日午前8時現在、台湾最南端、鵝鑾鼻(ガランピ)の東南東約1710キロの海上にあって、時速29キロで西北西に進んだ。中心気圧は982ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は28メートル。

気象局によれば、台風周辺の湿った空気が流れ込む影響で、台湾各地は13日午後から雨になる見込み。

気象局は12日日中にも海上台風警報を発令し、同日夜もしくは13日早朝に陸上台風警報(18時間以内に台湾の陸地に風速13.9メートル以上の風が吹く恐れ)を発令する予定。

(汪淑芬/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE