Menu 戻る
  • 観光

グアム沖の雲、台風に発達して台湾に影響か 「動向に注意」=中央気象局

2017/09/08 18:30
中央気象局提供

中央気象局提供

(台北 8日 中央社)台湾の気象専門家が8日、民間の気象情報サイトで、グアム島付近にある雲の塊が2~3日後には台風に発達、来週中にも台湾に接近する可能性を指摘した。中央気象局の林柏東気象予報士は、台風発生の確率は高く、13日以降から台湾の天候に影響が出始めるとの見解を示した。だが、台風の強度やルートなどについては、各国の予測がまとまっていないとして詳述を避けた。

林氏によると、台湾は12日まで、西部で午後に雷を伴うにわか雨が降りやすいほかは、安定した天気が続く。13日以降は台風の発生や動向に注意が必要。

(陳葦庭/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE