Menu 戻る
  • 観光

台風16号、台湾襲う可能性は低く 東部は大雨に注意

2017/09/01 12:23
中央気象局提供

中央気象局提供

(台北 1日 中央社)1日午前2時、台風16号が南シナ海で発生した。中央気象局によると、台湾に上陸する可能性は低いとみられている。だが、1日から3日までは台風周辺の湿った空気が流れ込む影響で、東部や南部では雨が続き、その他の地域でも所によりにわか雨になる見込み。気象局は1日午前、東部・宜蘭県や花蓮県、台東県、南部・屏東県、北部・基隆市、台北市、新北市に対し、豪雨や大雨への警戒を呼び掛けた。

台風16号は1日午前8時現在、南シナ海にあって、時速8キロで北西に進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。

2日までは西部や南東部、恒春半島、離島・澎湖、金門、馬祖の沿岸部では風速17メートル以上の強風が吹く恐れがある。また、1日夜以降は南東部や恒春半島、澎湖沿海で高波が発生する可能性がある。気象局は、海辺や海上で活動や作業をする際は、安全に十分気をつけるよう注意を喚起した。

(陳葦庭/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE