Menu 戻る
  • 観光

今秋、平年より高温傾向 台風の襲来は1~2個か/台湾

2017/08/29 17:59
29日午後5時半現在の台湾付近の衛星画像=中央気象局提供

29日午後5時半現在の台湾付近の衛星画像=中央気象局提供

(台北 29日 中央社)中央気象局は29日、太平洋高気圧の影響で今年の秋は平年より気温が高くなる予想を発表した。また、9月から10月にかけて1~2個の台風が台湾に襲来するとの見通しを示した。

気象局気象予報センターの呂国臣主任は、今年の台風シーズンはまだ終わっていないと指摘。今年は太平洋高気圧が平年より強く、発生した台風は大気の流れに沿って香港・マカオの方向へ進む傾向が強かった。だが今後、太平洋高気圧の勢力は弱まるため、台風が台湾に向かって移動する可能性は高まるという。

また、台風襲来の際には、北東の季節風の影響も加わり、台湾に大雨がもたらされる恐れもあるとして注意を呼び掛けた。

(陳葦庭/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on Google+  Share on LINE