Menu 戻る
  • 社会

コロナ輸入症例、1週間で19人=4月末以降最多/台湾

2020/11/08 18:48
コロナ輸入症例、1週間で19人=4月末以降最多/台湾

コロナ輸入症例、1週間で19人=4月末以降最多/台湾

(台北中央社)中央感染症指揮センターは8日の会見で、2日から8日にかけての1週間で海外から持ち込まれた新型コロナウイルスの感染者の輸入症例は累計19人だったと報告した。4月末以降で最多だった。

同センターは輸入症例の増加について、留学や仕事のために台湾入りした人で、14日間の在宅検疫(外出禁止)期間終了に伴う検査の対象者が増えているためと説明。ただ、これらの感染者が体内で生きたウイルスを増殖させることは困難だとし、台湾内で感染を広める可能性は低いとの見方を示した。

8日に発表された新規感染者は4人で、インドネシア籍とフィリピン籍が2人ずつだった。4人とも台湾入りしてから現在まで症状は出てないという。

4人のうち3人は在宅検疫期間が満了する前に受けた検査で陽性と診断されたが、残り1人は、検疫期間を終えてから5日後の検査で陽性となった。同センターは、検疫期間後に陽性と判定された感染者の接触者4人に在宅隔離を求めた。

台湾内で確認された感染者は累計577人となった。

(張茗喧/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top