Menu 戻る
  • 社会

台北でナイトマーケットのイベント 8カ所が参加 人気投票も実施/台湾

2020/10/16 14:05
台北夜市打牙祭をPRする黄珊珊副市長(左から6人目)ら=台北市政府提供

台北夜市打牙祭をPRする黄珊珊副市長(左から6人目)ら=台北市政府提供

(台北中央社)台北市の8カ所のナイトマーケット(夜市)が参加する振興イベント「2020台北夜市打牙祭」が16日から来月30日まで開催される。今年はハロウィーンをテーマに、各夜市でスタンプラリーを行うほか、人気グルメを決めるインターネット投票なども実施。夜市の盛り上げを狙う。

参加するのは、寧夏、延三、艋舺、華西街、広州街、南機場、公館、士林の8カ所の夜市。市政府市場処が主催する。「打牙祭」とはたまにご馳走を食べることを意味する。

16日から来月1日には、スマートフォン用AR(拡張現実)アプリを使ったスタンプラリーを実施。各夜市で3つのおばけを捕まえれば、夜市で使える8万台湾元(約29万円)相当のクーポン券などが抽選で当たる。また、ハロウィーンに合わせ、仮装した上で任務を達成すれば抽選に参加できるキャンペーンも実施。仮装イベントは30日に寧夏夜市で、31日には艋舺、広州街、華西街の3カ所の夜市で行われる。

また、8カ所の夜市で推薦された120店の中から、覆面調査員が選んだ24店を対象に、「夜市の星」を決めるインターネット投票も16日から開始する。来月22日まで「台北好市発声」のフェイスブックやインスタグラムで投票を受け付ける。

16日から来月15日までは、指定の夜市でモバイル決済「イージーウォレット」(悠遊付)で支払いをし、1回の支払額が100元(約365円)に達すれば、10%が現金還元される。

台北市の黄珊珊副市長は15日の記者会見で、夜市は台北市の文化を代表するだけでなく、交通アクセスも良いとアピールし、夜市への来訪を呼び掛けた。

(劉建邦/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top