Menu 戻る
  • 社会

台湾、無症状患者を1人確認 仕事で訪台のフィリピン人男性 新型コロナ

2020/10/15 17:53
台湾、無症状患者を1人確認 仕事で訪台のフィリピン人男性=資料写真

台湾、無症状患者を1人確認 仕事で訪台のフィリピン人男性=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは15日、仕事で訪台した30代のフィリピン人男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。台湾に到着してからこれまで、無症状だったという。同センターは、海外で感染した輸入症例だとの見方を示している。

男性は搭乗前3日以内に取得した陰性証明書を所持し、先月17日に入境。到着時と集中検疫所での隔離を終えた今月1日にそれぞれ検査を受けたが、いずれも陰性だった。同2日に宿泊施設に移動し、同12日、職業紹介事業者の手配で自費検査を受けたところ、弱陽性だったため、翌日再検査をしていた。

同センターは男性の行動歴について、宿泊施設に滞在していた期間、検査のために病院を訪れた以外は外出していなかったと説明している。

15日現在、台湾内の感染者は累計531人で、このうち439人が輸入症例。死者は7人。491人は隔離解除された。

(張茗喧/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top