Menu 戻る
  • 社会

台湾の漫画家、京都国際マンガ・アニメ大賞でダブル受賞

2020/10/14 13:47
京都国際マンガ・アニメ大賞2020で大賞に輝いたジーンさんの漫画作品「案山子のお守り」=ARTstreetの公式サイトから

京都国際マンガ・アニメ大賞2020で大賞に輝いたジーンさんの漫画作品「案山子のお守り」=ARTstreetの公式サイトから

(東京中央社)台湾の漫画家、ジーン(Gene)さんの漫画作品「案山子のお守り」が、日本の「京都国際マンガ・アニメ大賞2020」で、全応募作の中から最も優れた作品に贈られる大賞に輝いた。ジーンさんはイラスト部門でも最高位の優秀賞を獲得し、ダブル受賞となった。

同賞は、2015年に始まった「京都国際漫画賞」を規模拡大したもので、漫画、イラスト、CGアニメの3部門がある。クリエーター志望者の登竜門とされ、過去の大賞受賞者が全てプロとなり、このうち台湾のANTENNA牛魚さんは日本デビューを果たした。今年は日本や台湾、中国、米国など87カ国・地域から1621作品の応募があり、12日に結果が発表された。

電話取材に応じたジーンさんは、通知を受けた時、夢を見ているような気持ちだったと喜び、今後も創作活動に励み、新しい作品を披露したいと意欲的に語った。

台湾勢はほかにも、LawRen新彦さんが漫画部門で、イラストレーターの緑子さん、KUNさんがイラスト部門で入賞した。

授賞式は11月21日、受賞者を招いて京都で開催される予定。

(楊明珠/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top