Menu 戻る
  • 社会

迪化街に新たな展示スペース 古民家を再利用/台湾

2020/10/13 11:53
古民家を再利用した展示スペース「埕楽通」

古民家を再利用した展示スペース「埕楽通」

(台北中央社)台北市迪化街に11日、古民家を再利用した展示スペース「埕楽通」がオープンした。地元の産業をテーマにした展示を行うほか、休憩所として開放する。

台北市政府文化局によれば、同建物は市都市再開発処が所有していたが、8月下旬に文化局が引き継いだ。今後は地元住民や商店などでつくる団体「大稲埕創意街区発展協会」が運営、管理を担当する。

1階では「大稻埕産業記憶展」を開催。漢方や茶、裁縫など、地域の代表的産業に関する古道具などを展示し、大稻埕で培われてきた文化を来場者に紹介する。

(李宛諭/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top