Menu 戻る
  • 社会

47回繰り越しの宝くじ、2人が当選 賞金額は112億円/台湾

2020/07/28 14:08
47回繰り越しの宝くじ、2人が当選 賞金額は112億円

47回繰り越しの宝くじ、2人が当選 賞金額は112億円

(台北中央社)47回にわたる繰り越し(キャリーオーバー)で1等賞金の累計が過去最高の31億2400万台湾元(約112億6800万円)に達していた数字選択式宝くじ「威力彩」の当選番号が27日に発表され、2人が当選した。

威力彩は、1~38までの数字6個を選ぶ第一区と、1~8までの数字1つを選ぶ第二区があり、計7つの番号が全て当たると1等賞金を獲得できる。

発行元の台湾彩券によれば、31億2400万元は、威力彩が発売された2008年1月22日以来の最高賞金額。だが、2人で等分されるため、1人が受け取れる金額は過去8番目の15億6200万元(約56億2800万円)となる。これまでで1人当たりの賞金額が最も高かったのは2015年4月23日の30億300万元(約108億2000万円)。

当選者を出した売り場はそれぞれ、北部・台北市と中部・南投県。台北市の売り場の経営者は、賞金が億単位となる当選者を出したのは開業20年来初めてで「興奮している」と話し、爆竹を鳴らして幸運を喜んだ。経営者の娘によれば、同店では数週間前にコウモリが軒下に現れたり、チョウが店内に飛び込んで来たりしており、良いことが起こる予感があったという。

(呉佳蓉/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top