Menu 戻る
  • 社会

台湾のコロナ対策が切手に 蘇行政院長「素晴らしさを世界に」

2020/07/22 13:21
蘇行政院長

蘇行政院長

(台北中央社)台湾の新型コロナウイルス対策を図案化した切手が21日、中華郵政から発行された。記念式典に出席した蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は、切手を通じ、偉大な防疫対策チームが存在し、最も安全な国である台湾の素晴らしさを世界に知らしめたいと期待を示した。

切手は医療従事者や消毒作業員らが描かれた額面13台湾元(約47円)のものと、マスクの生産・配達、ウイルス検査、ワクチン開発などの様子や感染予防に取り組む国民をモチーフにした同15元(約55円)の2種。

式典には、コロナ対策を担当する中央感染症指揮センターの主要幹部や、配給制のマスクを扱う店舗や在庫数を検索できる地図アプリを公開したデジタル政策担当の唐鳳(オードリー・タン)政務委員(無任所大臣に相当)ら、防疫対策の功労者らが出席した。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top