Menu 戻る
  • 社会

台北の景勝地で大型バス同士が追突 24人重軽傷/台湾

2020/06/28 18:28
路線バスに追突し大破した観光バス=読者提供

路線バスに追突し大破した観光バス=読者提供

(台北中央社)端午節4連休の最終日を迎えた28日正午過ぎ、台北市の景勝地、陽明山で観光バスが路線バスに追突する事故があった。この事故で観光バスの運転手を含め、計24人がけがをし、病院に搬送された。うち1人が骨折の疑いで重傷、他の23人は軽傷だった。

事故の衝撃で観光バスはフロントガラスが大破し、路線バスの後方は大きくへこんだ。いずれの運転手からもアルコールは検出されなかった。観光バスの運転手はブレーキが作動しなかったと話しているといい、警察はブレーキの状態も含め、事故発生の経緯を詳しく調べる方針。

連休中、大勢の行楽客でにぎわいを見せる陽明山。ただ、27日にもワゴン車のブレーキが効かず、バイクや観光バスが絡む玉突き事故が起きたばかりだった。

(黄麗芸/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top