Menu 戻る
  • 社会

台湾、新規感染1人 グアテマラから帰国の60代男性 新型コロナウイルス

2020/06/25 15:56
会見に臨む中央感染症指揮センターの荘人祥報道官(右)=同センター提供

会見に臨む中央感染症指揮センターの荘人祥報道官(右)=同センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは25日午後の記者会見で、台湾で新型コロナウイルスの感染者を新たに1人確認したと発表した。新規感染者は60代男性で、4月初旬からビジネスのためにグアテマラに滞在しており、24日に台湾に戻った。台湾でこれまでに確認された感染者は計447人となった。

6月1日にせきや息切れなどの症状が現れ、現地で2度のウイルス検査を受けたがいずれも陰性だったという。23日に息切れの症状がひどくなり、帰国時に空港で自発的に症状を報告した。空港で検体を採取された後、集中検疫所に運ばれた。現在は病院で隔離治療を受けている。指揮センターによれば、男性が帰国時に搭乗した旅客機で男性の前後2列の座席に座っていた乗客計10人を在宅隔離の対象とした。台湾内での接触者はいない。

(張茗喧、陳偉テイ/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top