Menu 戻る
  • 社会

台湾から帰国の日本人女性がコロナ陽性 台湾の対策本部「早急に究明する」

2020/06/24 18:48
中央感染症指揮センターの陳指揮官=同センター提供

中央感染症指揮センターの陳指揮官=同センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは24日夕の記者会見で、台湾から日本に帰国した20代の日本人女性が日本の空港で新型コロナウイルスのPCR検査を受けたところ、陽性反応が出たと発表した。症状は出ていないという。女性は2月末から台湾に滞在しており、南部の学校に通っていた。指揮センターの陳時中指揮官は、市中感染の可能性は「低い」としつつも、関連の疫学調査を進め、早急に究明する方針を示した。

指揮センターによれば、女性は20日に台湾を離れ、日本に帰国した。女性の陽性反応について、台湾は23日に日本側から国際保健規則(IHR)の連絡窓口を通じて連絡を受けたという。

指揮センターは140人を接触者とし、女性が通っていた学校の教員や学生、寮の関係者125人を在宅隔離に、その他15人を自主健康管理の対象とした。

台湾では73日連続で帰国者以外の新規感染が確認されていない。指揮センターの荘人祥報道官は、女性の検査結果データの提供を日本側に求め、仮の陽性である可能性や感染時期を探る方針を明らかにした。

(編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top