Menu 戻る
  • 社会

台南・奇美博物館を手のひらサイズで再現 日本メーカーとコラボ/台湾

2020/06/24 16:57
台南・奇美博物館を手のひらサイズで再現 日本メーカーとコラボ=同館提供

台南・奇美博物館を手のひらサイズで再現 日本メーカーとコラボ=同館提供

(台南中央社)南部・台南市の奇美博物館は22日、バロック様式の宮殿風の同館を手のひらサイズで組み立てることができる商品を発表した。日本の玩具メーカー、カワダが発売する超ミニサイズのブロック「ナノブロック」とのコラボレーション商品で、丸屋根や入り口の円柱など博物館の独特なフォルムが710ピースで忠実に再現された。

同館はデザインを担当するカワダに建物の構造をより深く理解してもらおうと、720度バーチャルリアリティー映像や空撮映像などを同社に提供。完成までには1年半がかかったという。

同館の廖婉如副館長は、ブロックを組み立てながら博物館の美しさを味わってほしいとしている。

商品は館内のギフトショップや公式オンラインショップで販売されている。価格は1個1000台湾元(約3600円)。

奇美博物館は1992年に設立され、西洋絵画や彫刻、楽器、兵器、動物の標本など、4千点以上の所蔵品を展示している。同館は今年2月には、用紙を一枚一枚使っていくと、博物館の模型が徐々に姿を現すブロック型メモ帳の販売を開始するなど、ユニークな商品を次々と打ち出している。

(楊思瑞/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top