Menu 戻る
  • 社会

台湾、マスク輸出解禁へ=備蓄1億枚突破、日産2000万枚近くに

2020/05/18 15:27
台湾、マスク輸出解禁へ=備蓄1億枚突破

台湾、マスク輸出解禁へ=備蓄1億枚突破

(台北中央社)陳時中衛生福利部長(保健相)は17日、医療用マスクの輸出について、禁止措置の期限としていた6月末を待たずに解禁する方針を示した。国内約2300万人の人口に対し、備蓄はすでに1億枚を突破。1日当たりの平均生産量は2000万枚に迫っている。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクの増産に力を注いできた台湾。経済部(経済省)によれば、1日当たりの平均生産量は1800万~1900万枚に上っており、2000万枚に達した日もあったという。6月末までには2500万枚に到達する見通し。

経済部官僚は、国内の需要と生産のバランスを見ながら、段階的に輸出を解禁する見通しを示した。政府が一定の量を買い上げ、それ以外が商用に回されるとみられる。輸出解禁に向け、同部は衛生福利部(保健省)と協議する方針。

(陳偉テイ、呉柏緯、潘姿羽/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top