Menu 戻る
  • 社会

台湾の感染者、新たに18人 いずれも海外からの「輸入症例」=新型コロナ

2020/03/21 17:25
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官

中央感染症指揮センターの陳時中指揮官

(台北中央社)中央感染症指揮センターは21日、台湾で新たに18人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。海外から8~19日に帰国した20~70代の男女で、いずれも滞在先で感染したとみられる。

18人の渡航先はトルコや米国、フランス、英国、エジプト、チェコ、南アフリカ、インドネシアなどで、目的は旅行や留学が大部分を占めていた。

21日現在、台湾内の感染者は計153人。このうち2人が死亡、28人が隔離解除された。その他は隔離入院中で、病状は安定しているという。

(張茗喧、呉欣紜/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top