Menu 戻る
  • 社会

日本人男性、パラグライダーから落下して死亡/台湾・南投

2020/02/14 19:45
パラグライダーが盛んな南投県埔里=資料写真

パラグライダーが盛んな南投県埔里=資料写真

(南投中央社)14日午後2時過ぎ、中部・南投県埔里の虎頭山でパラグライダーを操縦していた日本人男性が約200メートルの高さから落下して死亡した。

同県政府消防局によると、同2時54分ごろ、飛行中のパラグライダーから人が落ちたという通報が寄せられた。即刻消防隊員や救急車を派遣して捜索を行い、同4時45分ごろ、付近の樹林地に落ちた男性を発見した。警察が原因などについて調査を進めている。

同地はパラグライダーが盛んで、毎年冬場になると日本や韓国からツアー客が訪れる。地元の業者は、日本人男性は常連客ではないと話しており、これらのツアー参加者とみられる。同業者はまた、男性が飛び立った直後、飛行の状態が「変だった」と話し、安全ベルトなどがきちんと装着されていなかった可能性があると指摘している。

(蕭博陽/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top