Menu 戻る
  • 社会

日本時代の絵葉書300枚を写真で記録 台湾・台東で展覧会

2020/02/11 18:56
日本統治時代の台湾東部の風景を写した絵葉書=葉柏強さん提供

日本統治時代の台湾東部の風景を写した絵葉書=葉柏強さん提供

(台東中央社)日本統治時代の絵葉書300枚余りを写真で紹介する展覧会が13日から、東部・台東市内で開かれる。絵葉書を収蔵し、写真として記録した台湾の郷土史研究家、葉柏強さんは、来場者に過去の時代の縮図を垣間見てほしいと話している。

葉さんによれば、1920年から1930年ごろまで、台湾東部には多くの写真館がオープンし、写真を撮影するだけでなく、絵葉書も販売していた。題材は景勝地のタロコ(太魯閣)や清水断崖、台東港、台湾原住民(先住民)、離島・蘭嶼など様々だったという。

展覧会では、当時の花蓮や台東の風景を写した絵葉書の写真が展示される。

写真展「東台旧影—日治時期東台湾絵葉書影像展」は台東市の台東生活美学館で13日から来月4日まで開かれる。

(張祈/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top