Menu 戻る
  • 社会

横浜港クルーズ船の台湾人乗客、政府に支援求める 医療や薬不足に不安

2020/02/10 19:26
横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス]
=共同通信社提供

横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス] =共同通信社提供

(東京中央社)新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で現在も隔離状態を余儀なくされている乗船者には、台湾人の乗客約20人とスタッフ2人が含まれる。台湾人の乗客は、薬不足や適切な治療が受けられていない現状を訴え、台湾の政府に助けを求めている。

乗客の台湾人男性は中央社の電話取材に対し、同乗している80代の父親にせきの症状が現れているものの、船医は発熱がないのを理由にウイルス検査を実施せず、風邪薬のみが与えられたと告白。服用後の身体の状態に対して尋ねられることもないという。さらに、男性の父親は不眠も深刻で、睡眠薬をまもなく使い切ってしまう状況だとし、不安な胸の内を明かした。

この男性によると、比較的高齢な台湾人女性も降圧薬が必要な状況で、国際エクスプレスで薬を取り寄せているものの、日本の税関で止められてしまわないか心配しているという。

クルーズ船を巡っては10日、新たに60人以上の感染が確認された。取材に応じたこの男性は「船内の台湾人をなんとかして迅速に迎えに来てほしい」と台湾の政府に救助を求めた。船内の台湾人は一人1通ずつ、台湾の政府に手紙を書く予定だという。日本政府に対しては、「全員へのウイルス検査を」と訴えている。

クルーズ船の乗船者では、6日に台湾人女性1人の感染が確認された。この女性は日本国内の医療機関で治療を受けている。

(楊明珠/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top