Menu 戻る
  • 社会

台南市、日本のフルート奏者を親善大使に任命 文化や観光交流促進に期待

2019/10/04 17:19
高橋紫微さん=台南市政府提供

高橋紫微さん=台南市政府提供

(台南中央社)台南市政府は4日、日本のフルート奏者、高橋紫微さんを台南市親善大使に任命した。任命式が市庁舎で行われ、黄偉哲市長は、文化や観光分野での日台間の交流が深化するよう期待を示した。

高橋さんは10歳からフルートを始め、現在は多方面の音楽活動に携わっている。2018年にはミス・ワールド日本大会で、準日本代表に選ばれた。

高橋さんは台南の印象について、街が美しくて親しみやすく、人も親切で、美味しいグルメや高品質な農産品もあると絶賛。親善大使としての役割をしっかりと果たしていきたいと意欲をみせた。

(張栄祥/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top