Menu 戻る
  • 社会

新種の台湾茶「台茶24号」 氷河期の遺存種から19年かけて育成

2019/08/07 14:20
緑茶(左)と紅茶(右)への加工が可能な「台茶24号」

緑茶(左)と紅茶(右)への加工が可能な「台茶24号」

(台北 7日 中央社)19年の歳月をかけて育成された新種の台湾茶「台茶24号」が6日、農業委員会茶葉改良場(茶改場)によってお披露目された。チャノキは氷河期の遺存種で、「台茶」シリーズの中で初めての在来種の山茶(ヤマチャ)の茶葉とチャノキの品種となる。キノコ、アーモンド、コーヒーなど独特の香気を放つ紅茶や、柑橘系の香りを持つ緑茶などが生産でき、2年後に市場に出回る見通し。茶改場は、茶産業に新たな活力を注入したいと意欲を示している。

茶改場によれば、台湾茶の多くは中国大陸から持ち込まれた品種をルーツとするが、東部・台東県の茶改場台東分場は県内の山間地で2000年から在来茶の調査を開始。平地で栽培する可能性などについて研究を重ね、ついに台茶24号の育成に成功した。台湾西部で栽培される茶とは茶葉の形が違うだけでなく、DNAの属性も違なり、台湾山茶の変種に分類されるという。

茶改場の蘇宗振場長は、台茶24号から生産される紅茶の等級は600グラム当たり2000~4000台湾元(約6700~1万3500円)で取引される中部・南投県産の日月潭紅茶に匹敵する上、カフェイン含有量が少なく、お茶で夜眠れなくなるという人でも安心して飲めるとアピールし、台東の特色として発展させることに意気込みを示した。

(楊淑閔/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top