Menu 戻る
  • 社会

落ちた帽子、ゾウが鼻で返す 子供の呼び掛けに応じ?/台湾・台北動物園

2019/08/05 18:49
風で柵内に飛ばされた来園者の帽子を鼻で投げ返す象=Kelly Tsengさんのフェイスブックページより

風で柵内に飛ばされた来園者の帽子を鼻で投げ返す象=Kelly Tsengさんのフェイスブックページより

(台北 5日 中央社)風で柵内に飛ばされてしまった来園者の帽子をゾウが鼻で投げ返す――そんな出来事が台北市立動物園で起きた。同園はゾウは非常に敏感で賢い動物だとしつつ、今回の一件については「幸運中の幸運」とコメントしている。

来園者の女性がフェイスブックに寄せた投稿によれば、息子がゾウに「お母さんの帽子が落ちてしまいました。拾ってください」と何度も声を掛け続けていた。すると、草を食べていたゾウがゆっくり歩いてきて帽子を拾ったという。一緒に投稿された映像には、帽子を鼻でつかんでいるゾウに向かって「こっちに投げて」と声を掛ける子供の声が記録されており、終盤では、ゾウが子供の呼び掛けに応じるように声の方向に向かって帽子を投げ返した。

同園の職員、曹先紹さんによれば、このゾウはメスのアフリカゾウで、名前は千恵。1986年に同園で飼育され始めた。園内の動物は健康診断を受けており、ゾウなら爪切りや体重測定などが必要で、千恵も普段からこれらを通じて飼育員とコミュニケーションを取っているため、人の声には慣れているという。

曹さんは、メスのゾウは性格が穏やかだが、オスは発情期になるとイライラしやすいと説明。同園では以前、来園者がゾウの気を引こうと柵内にものを投げ入れたところ、発情期だったオスのゾウが来園者に向かって石を投げたり、尿やふんをかけたりしたことがあったと話した上で、動物に向かってものを投げることは絶対にしないよう強く呼び掛けた。

(梁珮綺/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top