Menu 戻る
  • 社会

台湾のクリエーティブブランド、世界各地の見本市に参加へ 市場開拓促進

2019/08/02 12:36
8月から10月にかけて米ニューヨークなどの見本市に出展する台湾のクリエーティブ商品=文化部提供

8月から10月にかけて米ニューヨークなどの見本市に出展する台湾のクリエーティブ商品=文化部提供

(台北 2日 中央社)台湾クリエーティブ産業の海外進出を支援する文化部(文化省)の事業「Fresh Taiwan」は選りすぐった計22のブランドを8月から10月にかけて米ニューヨーク、フランス・パリ、タイ・バンコクで開かれる見本市に出展させる。台湾のデザイン力の高さを世界にアピールし、市場開拓を狙う。

今月11日から14日までニューヨークで開かれる北米最大規模のライフスタイル見本市「ニューヨークナウ」に出展する台湾パビリオンには、組み立て式革製品ブランドのStudio Smollや紙製デジタルカメラのPaper Shootなど10ブランドが参加する。

9月にはパリのインテリアデザイン見本市「メゾン・エ・オブジェ・パリ」、10月にはバンコクのライフスタイル見本市「スタイルフェア」に台湾パビリオンを出展する。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top