Menu 戻る
  • 社会

デモ参加者へのヘルメット提供、1000個超 香港留学生が感謝/台湾

2019/07/29 19:09
香港のデモ参加者に届けられる予定のヘルメット

香港のデモ参加者に届けられる予定のヘルメット

(高雄 29日 中央社)香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐる抗議活動の参加者にヘルメットを届けようと、台湾で学ぶ香港人留学生が27日、高雄市内で不要なヘルメットの提供を募った活動で、目標としていた500個の2倍以上となる1000個超が集まった。10万台湾元(約35万円)を超える現金の寄付も寄せられ、募集活動を行った林沛晞さんらは29日、高雄市民に感謝を示した。

デモ参加者が警察に頭部を殴打されるのを見て、異郷にいながら非常に心が痛んだと話す林さん。第一線で抗議する人たちをどうにか助けたいと思い、インターネット上で活動を呼び掛けた。

当日は林さんのほか、5~6人の香港人留学生が参加。活動場所として予定していた高雄メトロ(MRT)中央公園駅前に赴くと、すでに多くのヘルメットが集まっていたという。

現金での寄付も寄せられ、高雄市民の熱意と気遣いを感じたと林さん。一方で、より多くの台湾人に香港のデモを支持してほしいとも訴え、「きょうの香港は、あすの台湾」だと言及した。

同様の活動は台北市内でも25日と28日に行われた。台湾に滞在する香港人が運営するフェイスブックページ「香港辺城青年」によれば、香港ではバイクに乗る人が少なく、ヘルメットを売っている店が台湾のように多くないという。

(王淑芬/編集:楊千慧)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top