Menu 戻る
  • 社会

台北で南部・屏東の物産展 パイナップルやパパイヤの試食も/台湾

2019/04/14 14:10
屏東産パイナップルを試食する来場者ら=屏東県政府提供

屏東産パイナップルを試食する来場者ら=屏東県政府提供

(台北 14日 中央社)南部・屏東県の物産展が13、14両日、台北市内で開かれている。売り場には人気が高いパイナップルのほか、マンゴーやパパイヤ、レンブ、コーヒー、あずきなど自慢の農産物が並ぶ。初日の13日は雨がぱらつくあいにくの天気だったものの客足は良好。パイナップルやパパイヤの試食もできるようになっており、足を止めて楽しむ日本人の姿も見られた。

屏東県政府によると、同県におけるパイナップルの栽培面積は3455ヘクタールで台湾最大。今年のパイナップルは甘みが強く風味豊かで、台湾だけでなく、海外からも引く手あまただという。

(編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top