Menu 戻る
  • 社会

スト継続へ 中華航空、労使協議再び決裂/台湾

2019/02/11 23:20
スト継続へ  中華航空、労使協議再び決裂/台湾

(台北 11日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)の一部パイロットがストライキを実施している問題で、同社と労働組合が11日午後に交通部(交通省)で行った労使協議は決裂に終わった。争点の一つである貨物機の乗務編成において合意が得られなかった。

ストを主導したパイロットの労働組合「桃園市機師職業工会」は発着回数が2回以上の同一貨物機について、2人編成での飛行時間は7時間に限り、7時間を超えた場合は3人編成で乗務すべきだと主張。対してチャイナエアライン側は3人編成での乗務時間は8時間以上と譲らず、平行線をたどった。

ストの影響による欠航・遅延は8日から11日までに計87便に上った。

(陳葦庭/編集:荘麗玲)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top