Menu 戻る
  • 社会

台湾人と結婚した外国人 2番目に多いのは日本人 増加幅ではトップ

2019/02/10 18:35
中国式ウエディング衣装に身を包む新郎新婦

中国式ウエディング衣装に身を包む新郎新婦

(台北 10日 中央社)内政部(内務省)が9日に公表した婚姻に関する最新統計で、昨年台湾人と結婚した外国人(中国、香港、マカオは除く)1万2392人のうち日本人が1045人で、6070人で最多だったベトナム人に次いで2番目に多いことが分かった。増加幅では、日本人は前年比93人増でトップだった。

2018年の婚姻件数は13万5403件で、このうち台湾人同士が結婚したケースは全体の約85%を占める11万4795件だった。台湾籍を持たない配偶者は計2万608人で、東南アジア出身者が計8749人と、中国、香港、マカオ出身者の計8216人を上回った。前年との比較では、外国籍配偶者が計245人増加した一方で、中国・香港・マカオ籍配偶者は計734人減少した。

同部によると、直近10年の婚姻件数はおおむね年間13~15万件の間で推移しているものの、2015年以降から減少傾向が目立ってきている。台湾では、昔ながらの言い伝えで結婚に適さないとされる年があり、これに当たった09年に11万7099件に激減したことがある。2018年は前年比1.9%減だったほか、09年に次ぐ少なさとなった。

(余祥/編集:塚越西穂)


Share on Facebook  Share on plurk  Share on twitter  Share by email  Share on LINE
Top